ノーメイクで外出も可能になるまつげエクステブログ:2014/5/25


お母さんはおれが大学受験で上京する時、
三十センチ四方もある巨大な弁当を持たせてくれました。
それは百科事典のような豪華さでした。

おれは巨大な弁当に注がれる周囲の客の視線を気にしながら、
フタを少しだけ持ち上げ箸を突っ込み、
わずか三口か四口食べただけで網棚に仕舞い込んだのでした。

恥ずかしさのあまり
駅で風呂敷ごと捨ててしまったおれは、
今になって、あの巨大な弁当に込められた
お母さんの計り知れない大きな愛を感じています。

パパが始めた商売がなかなか軌道に乗らず、
どんな辛く苦しい思いをしたか、
当時のおれには想像もつきませんでした。

生意気盛りの反抗期のおれは、
お母さんが風呂の燃料用にと魚屋さんからもらった古い魚箱を
リヤカーで運ぶこともせず、斧で割ることもしませんでした。

滞納した授業料を催促するおれに、
どんな思いで「もう少し待ちなさい」と言ったことでしょう。

通学定期も満足に買えなかった貧乏の中で、
新聞奨学生となって大学に行くと宣言したおれを、
金銭的援助の出来なかったお母さんは、
どんな思いで駅のホームから見送ったことでしょう。

おれが上京してから服やスナック菓子を送ってくれた時、
一緒に入れてあった五千円札が思い出されます。
毎回判で押したような、
お母さんの生活上の注意の手紙が思い出されます。

お母さんの愛をおれはずいぶん裏切りました。
でも、それでもなお、お母さんはおれを愛し続けてくれました。
その愛情の深さに、おれはおびえるほどです。

三人の子どものパパとなった四十九歳のムスコが今、
泣きながら、鼻をかみながら、この手紙を書いていることで、
親不孝の何分の一かでも許して欲しいと思っているのです。